不動産調査

不動産調査

 不動産調査とは、所有不動産の有無やその状態、所在など、 不動産に関わることを調べるものです。 個人所有に比べ、法人所有の不動産には様々な法律的制限が 関わってきます。 「新規事業所として、土地と建物を購入したい」 「所有している土地があるから、そこに新社屋を建設したい」 「他社に土地を売却したい」 「競売で物件を落札したい」 不動産は、ビジネスや株にも大きな関わりを持っています。 そこで、何か問題が起こってしまったら? 契約では所有となっていた不動産を実際は所有していないとしたら? 知らなかった、では済まされない損失や大問題が発生してしまいます。 事前に弊社に調査をお任せいただくことで、 これらの問題を回避することができます。 専門知識を持った調査員が、不動産資産所有実態調査から不動産売買に関しての 権利関係の究明、 土地についての法律的な制限などを詳細に調査し、 最有効利用のコンサルティングを行います。

  • <調査事例>

  • ・土地の売却を行いたい。不動産の所有状況を調べてほしい。
  • ・社屋を移転したが、旧社屋の権利関係を整理して、今後の展開を決めたい。権利関係を調査してほしい。
  • ・土地を購入して、新規事業所を建設したい。法律的に問題ないか調べてほしい。
  • ・取引を行う不動産業者は信頼できる業者か調べてほしい。
  • ・競売で落札した物件の前所有者を調べてほしい。
  • ・競売で落札した物件に占有者はいないか調べてほしい。
  • ・競売で落札した物件に占有者がいるため、立ち退き交渉をして欲しい。
  • ・建物付きで土地を購入したが、物件に欠陥はないか調べてほしい。
  • ・近隣住民との取り決めで、高層ビルの建築が不可能などの規制はないか調べてほしい。
  • ・周辺に、新興宗教の拠点や暴力団の事務所はないか調べてほしい。
  • ・自殺者・周辺での殺人事件などの有無を調べてほしい。
  • ・変質者など危険人物などがいないか調べてほしい。
お問合せ